いらっしゃいませ

profilephoto

お問合せ・ご予約は

メールか電話でお気軽にどうぞ。
メール:【ここをクリック:24時間受付】
電話:【0798-38-0151】
(平日9~19時、土9~13時)

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

アクセス解析


>===================

archives

===== 知って防ごう熱中症 =====

熱中症の発生は7〜8月がピークです。
熱中症を正しく理解し、予防に努めてください。

【軽度】めまい‐たちくらみ‐筋肉痛‐大量の‐汗
⇒水分・塩分補給、からだを冷やす、衣服をゆるめる、
    改善しなければ受診を

【中度】頭痛・吐き気・からだがだるい・からだにカが入らない
⇒水分・塩分補給(自力で飲めないときはすぐに受診)、からだを冷やす

【重度】意識障害(話しかけに応じない、
    会話がおかしいなど)・けいれん・高体温
⇒すぐに救急車を呼んで、受診しましよう

熱中症を予防するためには

〇室温をこまめにはかり、
    気温や湿度の高い日は、決して無理な節電はせず、適度に
    扇風機やエアコンを使用しましよう(室内温度は28℃が目安)

〇のどが乾かなくても、こまめに水分をとりましよう。
    汗をかいたら塩分補給も大切です

〇外出時は日傘や帽子を用い、日陰を選びましよう

〇通気性の良い衣服を選びましよう

〇首の後ろ、わきの下などを冷たいタオルや氷で冷やしましよう


子供と高齢者の方は特に注意が必要です。

《こどもの場合》 
〇乳幼児は体温調節機能が発達しておらず、
    自分で訴えることもありません

〇外では地面に近いほど気温が高くなるため、
    大人以上に暑い環境です

〇車の中は非常に高温になりやすいので、
    短時間でも車内に残すことは危険です

《高齢者の場合》
〇熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。

〇高齢者は、温度やのどの渇きに対する感覚が弱<なったり、
    汗が出にくくなったりするため、室内でも熱中症になることがあります。


keisen.gif