いらっしゃいませ

profilephoto

お問合せ・ご予約は

メールか電話でお気軽にどうぞ。
メール:【ここをクリック:24時間受付】
電話:【0798-38-0151】
(平日9~19時、土9~13時)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

アクセス解析


>===================

archives

指揮

ギター伴奏を担当する予定が、指揮を頼まれたので、学習してみることにした。
 
指揮(しき)とは、主として手と腕の身振りだけによって音楽 の演奏に何時・何を・どうすべきか指示を出すこと。

 クラシック音楽では、一般に指揮によってテンポ、音量、表情などが奏者達に示される。指揮者の動きに絶対的な規則や法則は無く、体の動きや顔の表情全てが指揮者の表現と言える。


現代、ひろく行われている指揮法では、右腕で図形を描くことで奏者に拍を示し、奏者全員が同じテンポを共有できるようにすることが多く、指揮者のもっとも基本的な役割とされる指揮棒を使う場合、指揮棒は右腕の延長として用いられる。図形を描く運動の中で、拍を示す位置を「打点」という齋藤秀雄が唱えた斎藤メソッドでは、打点を示すために「叩き」といって何かを叩く動作をして明示的に示したり、「しゃくい」といって緩やかな曲線運動の中で加速度の変化として示したりする。このメソッドで指揮法が誰にでも理解できる反面、速度変化による表情づけ(アゴーギク)を必要以上に単純化するという批判も少なくない。


一方左腕は主に曲の表情を示したり、重要なパートに注意を喚起させたりするのに用いられる。そのほか、視線、顔の表情、全身のさまざまな動きを用いて、曲の表情を奏者に伝える。

両腕に共通することだが、曲の表情を表す代表的な方法には、クレッシェンド・・・図形をだんだん大きく ディミヌエンド・・・図形をだんだん小さく アクセント・・・強くピュッと振るフェルマータ・・・棒をとめる  などがある。(あくまでも一般論、該当するとは限らない。)

多くの場合、指揮には指揮棒(タクト)を使うが、編成が小さい場合、合唱指揮をする場合、または曲調や指揮者の考え方によっては、棒を持たないで素手の指揮をすることもある。素手で行う指揮は、棒を持つことによるはっきりとした拍節感より、指先までを使った柔らかな表現を優先する場合に適しているとされ、緩徐楽章のみ指揮棒を置くこともある。合唱などでは、特に繊細な指示を出すにも効果的と考えられている。マーチングバンドの指揮者はドラムメジャーと呼ばれ、クラシック音楽のタクトよりはるかに大きな、杖のような指揮棒が使われることもある。四管編成やオペラ、管弦楽と合唱などの大編成の場合、長めの指揮棒を、一管編成などの室内管弦楽の場合、短めの指揮棒が多いが、絶対的な決まりはない          ・・・<フリー百科事典より>



keisen.gif

====================

=========================


keisen.gif
| 1/1PAGES |