いらっしゃいませ

profilephoto

お問合せ・ご予約は

メールか電話でお気軽にどうぞ。
メール:【ここをクリック:24時間受付】
電話:【0798-38-0151】
(平日9~19時、土9~13時)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

アクセス解析


>===================

archives

気功紹介(1)

今、世間には「気功」という言葉は使わなくても、気功的な催しやグループは数多く存在します。ヨーガや太極拳、座禅や瞑想法等、一般に知られているものから新たな用語で普及されている様々なものを見聞きします。

一方で、「気功」という言葉を聞いただけで、「難しいんだろう」と答える人も結構います。これは20数年前に気功ブームがあったとき、マスコミが興味半分に特異能力を中心に報道を展開したことにも要因があると思っています。気功の潜在能力開発という側面を捉えれば、特異能力を発揮することも気功の一部分ではありますが、太古からの営みの中で記録に残っている数千年の歴史を辿れば、綿々と受け継がれてきた多くの気功法は「健康づくり」への取り組みです。


5000
年の歴史があると言われている中国の伝統医療気功の中でも、気功という言葉が使われ始めたのは1953年に劉貴珍氏が「気功療法実践」という本を出版したときからとされています。日本でも気功という言葉が使われる以前から、気功的療養法は実践されており、中国に逆輸出されているものもあります。しかし、世界各地で類似なものはあるとしても、理論的・実践的資料は中医学をベースにしたものが他を凌駕しており、今も国家主導で研究が進められております。

劉貴珍氏によれば医療気功は必ず食事療法と結びつけねばならないことも伝えています。姿勢を調え、呼吸を調え、精神を調えると共に食事を調えるという4つの調整が不可欠だと。

日本での気功的実践例の中で整体分野の双璧に野口整体と橋本燥体法があります。橋本敬三氏は仙台で
95歳まで医師として活躍し、平成5年に他界しました。運動系の研究を深めるとともに生体の自然法則との関係までその理論を発展させ、医界への警鐘を鳴らし続けた人です。人が健康に過ごすためには、食・息・動・想のバランスを保つアプローチが必要なことを説き、実践を重ねています。取り組みの手段は違っても、健康づくりを真剣に考え実践していく中でたどり着くところは同じと考えます。



keisen.gif

易筋経紹介(16) 終わりの動作

終わりの動作は上肢を上で抱え、下へ引く動作です。
気を丹田に返し、全身の筋肉、関節のゆるみを調節します。
[昭蠅魎砲瓠開き、立ち上がりながら、両腕を伸ばして外に開き、掌したで水平にします。
⇔章咾鮠紊押⊂顕叱きにした後、肩をゆるめ、肘を曲げ、両掌を頭・顔・胸・下腹まで移動します。
この動作を3回行います。


keisen.gif

易筋経紹介(15) 第十二式

 

第十二式は尾を振る動作です。 

任・督二脈と全身の気脈が調和され、練功後に全身が快適にリラックスします。腰背部が鍛えられ、脊柱各関節と筋肉の活動機能が改善されます。


直立後、両手を急にぱっと両耳から離します。


∀咾鯀阿某ばし、
10本の指を組み、肘を曲げて掌を返し、前に伸ばし、外に向けます。


Iを曲げ、掌を下に胸の前から前屈し、腰をそらし、頭を上げ、

組んだ両手をゆっくり押し下げます。目は前方を見ます。

各自の体力に合わせて前屈してください。


てを左後ろに向け、お尻を左前にねじります。目は尾骶骨先端を見ます。
指は組んだまま、元の前屈姿勢に戻ります。


ト紳仟Δ眛瑛佑砲靴
3回繰り返します。



keisen.gif

易筋経紹介(14) 第十一式

 

第十一式はからだを前に曲げ、おじぎをし、ひねる動作です。

陽の経絡・督脈が鍛えられ、全身の経気が発動し、陽気が満ち足り、身体が強健になります。腰背と下肢の活動機能が改善され、腰腿が強健になり、耳がよくなり、大脳の疲労を取り去ります。

 

第十式の後、体を起こし開立姿勢になりながら・・

[昭蠅呂罎襪瓠⊂犬鯀阿ら外に向けて開き、両掌で耳を覆い、十本の指で後頭部を押し、両手の人差し指と中指をはじかせて後頭部を7回打ちます。


体をうつむけ、頭・頚椎・胸椎・腰椎・仙骨へと前に伸ばし、曲げ、両足を伸ばします。

次に、仙骨から腰・胸・首・頭へと順番に伸ばし、直立になります。

この動作を3回行います。前屈の角度は少しずつ大きくします。

各自の体力に合わせて行ってください。



keisen.gif

易筋経紹介(13) 第十式

第十式は飢えた虎がえさを捉える動作です。   陰の経絡・任脈の疎通と保養がなされ、同時に手足の三陽の気を調和します。 腰腿部筋肉の活動機能を改善し、腰と腿を強くします。  ̄β先を内に約45度向け、左足を内側に引いて丁歩となり、体を左に90度回し、両手を握り、わき腹に置きます。 ∈限を大きく1歩出し、弓歩になりながら振りかぶって龍の爪に変えて、前にたたき出し、虎が獲物を捉えるように肘を少し曲げます。 G惺を腰から胸へと屈伸し、重心も前後に移動し、両手も背骨の動きにつれて下・後ろ・上・前へと一周します。 ぞ綢里魏爾防せ、10本の指と伸ばした足側の膝を地面につけ、頭を上げ目は前上方を見ます。 反対側も同様に行います。


keisen.gif

易筋経紹介(12) 第九式

 

第九式は青龍が爪をのばす動作です。
 

脇腹は肝に属し、血を宿し、腎は精を宿すとされ両者は同源であり、

肝を整え、気を流し、情緒をおだやかにし、腰と下肢筋肉の活動機能を改善します。


左足を半歩ひき、肩幅と同じにし、両手を固く握り、わき腹につけます。右掌を開き、


下から右外へと開き、掌を上向きにします。目は手の動きに合わせます。


1ο咾伴蠎鵑魘覆歌兇猟泙吠僂─∋慇茲郎幻き、顎の下から左に水平に伸ばします。

目は手の動きに合わせ、体も左に90度回ります。


の兇猟泙鮠犬吠僂─∈諺斡しながら掌を下に向けて左足の外側まで押していきます。


ケ手は左足から右足外側まで弧を描きながら、左前屈から右前屈に移動します。


掌を前にして握り、上体を起こし、わき腹に拳をつけます。

左手側も同じ動作を行います。



keisen.gif

易筋経紹介(11) 第八式

 

第八式は大きなお皿が地に落ちる動作です。

体内の真気が胸腹部を通して昇降し、心と腎が交わり、

腎臓・心臓がよく働くようになります。

腰と腹、下肢の力が増量され、丹田の気が強くなり、腰を強く、腎を丈夫にします。

左足を肩幅より半歩広めに開きます。


膝を曲げてしゃがみながら肩を沈め、肘を下げ、
両掌に力を入れながら下に押し、指先は外向き。


掌を上にし、身体を起こしながら平らに出します。


この動作を
3回行います。

1回目は少ししゃがみ、2回目は半分、3回目は全しゃがみです。

各自の体力に応じて調整してください。



keisen.gif

易筋経紹介(10) 第七式

 

第七式は騎兵が刀を抜く動作です。

全身の真気を開合・開閉し、脾・胃のマッサージ作用で腎を強くし、背中のつぼを疎通します。

頸背部、腰背部の筋力を高め、各関節の活動・機能を改善します。

[昭蠖道悗魃戚膩蠅砲弔院体を右に回しながら右手掌心を上に、

左手掌心を下に向け、右手を胸の前から右脇の下後ろに引きのばし、

掌は外向き、左手は前上方へ伸ばし、掌は外向き。


体を少し左に回しながら両手を回転し、頭を右に回し、

右手中指で耳たぶを押し、左手の甲は脊柱に貼り付けます。

体を右にねじり、腕を伸ばし胸を広げ、目は右上方を見て動作を動作を少し止めます。


ひざを曲げ、同時に上体を左に回し、右に腕を内に引き、
胸を緩め、左手は脊柱に沿い、ぎりぎり上へ押し、目は右足かかとを見て、動作をすこしとめます。右斜め上に引き上げ・・左斜め下にしゃがむ動作を三回繰り返します。


ど┐鬚泙辰垢阿砲掘体は正面、右手は上へ向け頭の上方から下へ横に平らに出し、
同時に左手は体側から上へ向け側方に平らに出し、両掌心を下へ向け、目は前下方をみます。


左の動作回数は同じで、方向が反対になるだけです。

 



keisen.gif

易筋経紹介(9) 第六式

 

第六式は龍が爪を出し鳳凰が羽根をみせびらかす動作です。
 

―顛瓦鮑限に移し、右足を引き、肩幅に立ちます。

同時に右腕を外旋し、左腕を内旋し、左右に平らに上げ、両掌心を前に向け、両掌を体の前に抱えながら両腕を内に引き、両手を柳葉の掌にして雲門穴の前に立て、掌心は向き合わせ、指先は上に向け、目は前下方を見ます。

肩を伸ばし、胸を広げた後、肩を緩め、両腕をゆっくり前に伸ばし、徐々に掌心を前に向け、手は蓮の葉の掌にし、指先は上に向け、目を見開きます。

手首を緩め、肘を曲げ、腕を引き、柳葉の掌を雲門穴の前に立て、前下方を見ます。

この動作は7回行います。

肺経の導引動作により、自然の精気と人体の真気が胸中に集まり融合するのを促進し、呼吸機能と全身の気血の運行作用を改善し、胸背部と上肢の筋力を高めます。

 



keisen.gif

易筋経紹介(8) 第五式

 

第五式は九匹の牛の尾を引く動作です。
 

[症┐鮠し曲げ、重心を右に移し、
左足を左後方
45度に下げ、

右足かかとを内転し、右膝を曲げて弓歩となり、
同時に左手を内旋し、前へ向け下へ孤を描き、
後ろへ伸ばし、小指から親指へと指を握りこぶしにし、
拳心は上に向けます。

右手は前上方へ向けて孤を描き、
肩と並行に伸びたとき、

小指から親指へと指を握りこぶしにし、
拳心は上へ向け、肩よりやや高くします。

目は右こぶしをみます。

⊇顛瓦鮓紊蹐飽椶掘∈孤┐鮠し曲げ、腰をやや右に回し、

肩を腰の動きに合わせ、腕は肩に導かれ二の腕に通します。

右腕を外回し、左腕を内回し、
肘を内に曲げ、目は右拳をみます。

3回引いた後、左右の手足を変えて同様に行います。

腰のねじりを通じて肩甲骨の活動が起こり、
背中の夾脊や心や肺が調整、鍛錬されます。

四肢の上下共同の動きを通じて、
軟組織や血液循環が改善され、

四肢の筋力と活動機能が高まります。



keisen.gif
| 1/3PAGES | >>